満員御礼!ちゅ〜もくバスツアーレポート!その1

  • 2018.09.19 Wednesday
  • 09:04

こんにちは\(^o^)/

 

高須新聞店スタッフのたかきです。

 

先日、9月17日(月・祝)に行われた「ちゅ〜もく広場バスツアー」に親子4人で参加してきました〜。

 

毎回満員御礼のちゅ〜もく広場バスツアー、今回は「岐阜恵那栗ざんまい&栗スイーツ6品食べくらべ」ということで!お腹を空かせて〜行ってきます〜!!(*^▽^*)

 

鳥羽と伊勢でお客様を乗せたバスは岐阜県へと向かいます。

 

バスは三重交通。添乗員さんは中日ツアーズの舟橋さん(おなじみですね〜)

今回は車掌さんも乗車していました。(若い女性の車掌さんでびっくりです)

 

ここに向かう途中で、線路横にカメラを持った人がたくさんいるのが見えて「なんでこんなところに?」と思ったら・・・・「半分、青い。」のラッピング電車が通過していったんです〜!あ!と思ったら通り過ぎちゃいました。

NHK連続テレビ小説「半分、青い。」の舞台地にもなった「岩村城下町」

 

江戸時代、岩村藩の城下町として栄えた岩村には、今なお歴史的な建造物が立ち並んでいます。 
重要伝統的建造物群保存地区として国から指定されているのだそうです。 

↓200年の歴史を持つ「岩村醸造」さんにて酒蔵見学♪

↓20年前まで使用されていたというトロッコの線路に沿って見学をします。

最後にお酒の試飲もさせてもらいました♪(下戸の私は甘酒を〜(*^_^*))

 

↓これまた200年以上の歴史あるお店「松浦軒本店」さんでカステーラの試食と、栗むしようかんの試食(ちゅ〜もくツアー限定♪)をいただきました。岩村のカステーラは、江戸時代、長崎で蘭学を学んでいた岩村藩の医者・神谷雲沢がこの地に持ち込んだことが始まりとされているのだそうです。 

散策〜♪

 

↓こちらが「なまこ壁」平らな瓦を斜めに並べて貼り、継ぎ目を漆喰でかまぼこ型に盛り付けて塗った壁です。

目地がナマコに似ていることからそう呼ばれています。

 

↓こちらは人がたくさん!!さてなんでしょうか?

↓「半分、青い。」のパネル展示でした〜すごい人気ですね!

 

↓こちらは「勝川家」。江戸時代末期に台頭した商家でだそうです。茶室や土蔵、離れ座敷などが無料で見学可能です。

↓マンホール♪

あっという間に時間が過ぎていきました。さて、お次はお待ちかねの昼食でーす。

 

次回につづきます

 

 

最後まで読んでいただいてありがとうございました。

 

また、遊びに来てくださいね(*^▽^*)

 

 

スタッフ★たかき

 

 

↓*イベントページにバスツアー記事を更新しました!*

高須新聞店ホームページ

 

いせまめ通信プレゼントクイズご応募ありがとうございました(*^▽^*)

  • 2018.09.12 Wednesday
  • 17:02

こんにちは(*^▽^*)

 

高須新聞店スタッフのたかきです。

 

9月10日で、いせまめ通信プレゼントクイズの応募をしめきりました。

 

たっっくさんのご応募、本当にありがとうございました!

 

 

いただいたおハガキ、ファックス、メールの中から厳選な抽選をいたしまして当選者の方にプレゼントをお届けいたします。(当選者の発表は賞品の発送をもってかえさせて頂きます。 )

 

はがき・ファックスでいただいた一部です。メールでもたくさんいただきました(*^▽^*)

 

 

さて、いせまめ通信の感想やメッセージもたくさんいただきましたので、ご紹介いたします。

 

勢田町・Kさま

身近な存在だけど、奥が深い伊勢神宮のことを分かりやすく教えて頂き勉強になります。これからもふるさと密着でいろいろと教えて下さい。 宜しくお願いします。 最近、老眼が進み、新聞が読みづらいのが悩みです。拡大ルーペが当選したら嬉しいです

 

中村町・Tさま

神宮新田は我が家からそれほど遠くではないので、できれば「抜穂祭」の様子を近くで見てみたいと思いますが、この行事も一般には公開されていないのでしょうね。   「いせまめ通信」ではいろいろと知らないことを教えてもらえので、いつも楽しく読ませていただいてます。次号の発行を楽しみにしています。

 

黒瀬町・Gさま

今回初めて拝読しました、 伊勢に住んでいても知らない事が沢山あって、為になりました 次回が楽しみです。 スタッフ様のご活躍を祈ります

 

 

勢田町・Yさま

私は元々伊勢の出身ではなくて愛知県出身です。もう伊勢に住んで20年以上になります。このいせまめ通信を通じてお伊勢さんのことを知ることができてとてもありがたく思っています。今後も期待しております。

 

 

中村町・Mさま

近くにいながら、まだまだ知らない事ばかりの神宮。いせまめ通信いつも楽しみにしています。むずかしい漢字・言葉にはルビがありうれしいですネ

 

 

中之町・Fさま

いつも楽しみに読ませていただいています。仕事で神田の前の道はよく通ります。神田にまつわる行事や言葉の意味が1つ1つ分かっていくのがうれしいです。ありがとうございます。

 

 

 

全部ご紹介できないのですが、本当に残念です。

たくさんのメッセージありがとうございました。

 

 

いせまめ通信は、高須新聞店スタッフの私がコツコツ手書きで描いています。

私も毎回、勉強のつもりで書いています。奥が深いんですよね〜・・・伊勢って。

 

私の「?」と思うことだったり、お客様の質問や疑問にお答えさせていただいたり、季節や開催時期に合わせた内容だったりと、いせまめ通信はどちらかというと初心者向けの内容になっています。

神宮や伊勢に詳しい方にとっては、ちょっと物足りないと思うこともあるかもしれませんが、「老若男女、誰が読んでも分かるように」をモットーに、イラストや漫画で表現したり、難しい漢字にはルビをふっています。

 

「神宮に詳しくない方にとっては、こういうことも新鮮に感じるのだな」と改めて見ていただければ、と思います。

 

3年前に、「検定お伊勢さん」の初級を取得しましたが、それだけではまだまだ力不足を感じます。

少しずつ勉強しながら、頑張って参りますので、よろしくお願いいたします(*^▽^*)

 

 

最後まで読んでいただいてありがとうございました。

また、遊びに来てくださいね(*^▽^*)

 

 

スタッフ★たかき

 

 

 

高須新聞店ホームページ

 

台風21号・北海道胆振東部地震

  • 2018.09.07 Friday
  • 13:42

この度の台風21号、そして北海道胆振東部地震によって被災された皆さまに謹んでお見舞いを申し上げます。

 

また、救済のためにご尽力されている地元の消防団や警察、自衛隊方々に深く敬意を表します。

 

被害地の皆さまのご無事を心からお祈りしておりますとともに1日も早い救済と復興をお祈り申し上げます。

 

 

高須新聞店店主・スタッフ一同

 

 

最強台風と言われた台風21号が9月4日徳島に上陸し、私たちが住む伊勢市も大変荒れました。

 

思い起こせば去年の10月。高須新聞店の店内まで浸水した被害をもたらしたのも・・・皮肉にも平成29年の台風21号でした。

 

 

しかし、つぎに北海道で地震のニュースが!!

もう唖然としました・・・。

 

子どもたちも震え上がっていました。

「なんで続いてこんな事が!??」

 

 

被災された方々の一日も早い復興をお祈り申し上げます。

 

 

そして。

 

今一度、避難道具や避難経路、保存食などの点検・確認をしようと思います。

(今回の台風で停電になった時、使えなかったもの、足りなかったものがありました。食べたものもあるので買い足します)

 

皆さま、避難リュックには新聞紙を入れておいてください。

必ず、役に立ちます。

 

 

新聞で作る防災スリッパ

 

スタッフ★たかき

 

 

高須新聞店ホームページ

いせまめ通信番外編〜抜穂祭〜

  • 2018.08.26 Sunday
  • 21:06

こんにちは(*^▽^*)

 

高須新聞店スタッフのたかきです。

 

いせまめ通信74号の発行日されました。

 

いや〜・・・もう74号ですか!!早いですね〜(#^^#)

 

 

今回は9月4日に楠部町の神田で行われる「抜穂祭」について書かせていただきました。

 

神田の事は何度か書かせていただいているので「また〜!?」という印象があるかもしれません。

 

ですが!!神宮にとって「お米」というものはとっても大切なんです。

 

(合わせていせまめ通信55号「神宮と私たちの生活」をご覧ください♪)

 

 

さて、抜穂祭はまだもう少し先。現在の神田の様子はというと・・・・

曇り空の神田。四郷小学校のすぐ近くにあります。

 

「実るほど頭を垂れる稲穂かな」

 

 

神田にある鳥居は「黒鳥居」。木の皮がそのままになっています。

 

 

向こうに楠部町の住宅が見えます。

 

「抜穂?稲刈りじゃないの⁉」という方、ぜひいせまめ通信をご覧くださいね。

 

今回は、プレゼントクイズがありますので、ぜひご応募くださいね!

 

いせまめ通信プレゼントクイズのご応募は→こちらからどうぞ(*^▽^*)

 

 

 

最後まで読んでいただいてありがとうございました。

 

また、遊びに来てくださいね(*^▽^*)

 

 

スタッフ★たかき

 

 

高須新聞店ホームページ

 

中日サンデー版が人気です\(^o^)/

  • 2018.08.19 Sunday
  • 08:45

こんにちは\(^o^)/

 

高須新聞店スタッフのたかきです。

 

 

本日は日曜日です。

 

日曜日のお楽しみ〜といえば・・・??

 

そう、中日新聞大好きな方にはお待ちかねの「日曜サンデー版」の日です♪

 

一週間のテレビ番組のほかに、ゆっくり楽しめる記事がたくさん載っています。

 

まずは、サンデー版で一番目を引く「大図解シリーズ」

今回はインフォーマルエコノミーについて、です。

 

ちょっと難しい言葉ですが、この機会にぜひ覚えましょう♪

 

興味を持つことから学習は始まります。

新聞には様々な情報との「出逢い」がありますよ(*´ω`*)

 

大図解シリーズは、学校の教材として使われいるのだそうです。

情報量も多くてイラストや写真などで分かりやすいですよね♪

 

新聞をババっと大きく広げて、じっくり見るのもいいですね。

 

大図解シリーズはいろんなジャンルを扱ってくれるので毎週楽しみです。

最近はこんなのがありましたよ♪

 

さて!サンデー版のお楽しみまだまだあります。

 

大人気のクロスワード!!解いて懸賞に応募してくださいね\(^o^)/

 

他にも数独、漢字クイズ、間違い探しなど、脳トレに最適です。

気軽に楽しんでください(*^▽^*)

 

 

私が大好きなのは「300文字小説」です。

読者の皆さんが書いた素敵な小説が掲載されています。

・・・いつか、私も書いてみたいな。。。と思っています(思うだけは自由です( ;∀;))

 

まだまだ、サンデー版は楽しい記事がたくさんあります。

 

皆さんもぜひ、日曜サンデー版を楽しんでくださいね。

 

 

最後まで読んでいただいてありがとうございました。

 

また、遊びに来てくださいね

 

スタッフ★たかき

 

 

高須新聞店ホームページ

新聞で作る防災スリッパの作り方(再掲載)(^o^)/

  • 2018.08.08 Wednesday
  • 14:18

 こんにちは(*^▽^*)

中日新聞 高須新聞店スタッフのたかきです。

台風の季節になりました。しかし、今年は台風でなくても油断できないですね。

 

この辺りも昨日の朝にものすごい勢いの雨が降ってびっくりでした。

↑伊勢イオンの表側の駐車場の様子です。

裏側は雨量が多いときよく水が浸かるんですが、表側がこんなに浸かっているのはあまりなかったように思います…驚きました。


豪雨になるたび思うんですけど、避難道具の中身って気になりませんか?

 

避難のためには様々なものが必要になりますが、あれもこれもと考えなしにリュックに詰め込むわけにはいきません。

 

では。

「リュックにひとつ入れておけば、いろんな事に使えるもの」ってベンリだと思いませんか?

しかも、それがわざわざお金を出して買わなくてもいい、身近にあるものだとしたら…それはもう利用するしかないじゃないですかっ(^o^)/

 

そのものは・・・ずばり「新聞」なんです!

 

新聞紙で作る防災スリッパの作り方をぜひ知っておいてください。

 

 

以下は、以前のブログの再掲載になります。
 


「新聞紙で作る防災スリッパ」
スリッパ1

材料・・・新聞紙2枚

 

スリッパ1
↑まず、この大きさから始めます。新聞紙の輪の部分を下にしておきます

 

スリッパ2
↑ 輪の部分を上から3分の一位まで折り、裏返します。

 

スリッパ3
↑ 縦に3分の1のところまで折ります。

 

スリッパ4
↑反対側も折り、3つ折りの状態にします。

 

スリッパ5
↑重なっている部分を少しひらき、2重になっている部分に もう一方の端を差し込みます。

 

スリッパ6
↑ペロンとめくれてくる端っこを中へ折りこみます。

 

スリッパ7

 

スリッパ8
↑四隅を折ります。

 

スリッパ9
↑ 折った部分を中へ折りこみます。

 

スリッパ10
↑ 裏返して・・


出来上がり♪

これをもうひとつ作って、一足になりますね


簡単につくれますが、思ったよりもジョーブです(^^)


地震や災害時、割れたガラスやがれきなどで足を怪我する、という事例が多いそうです。

防災準備として、枕元に靴やスリッパを用意しておくとよいというのは、みなさまもご存じかと思いますが、

災害というのは、いつ、どこで起こるかなんでわかりませんよね。


もちろん、この新聞紙スリッパは、あくまでなにもない時の緊急用なので、「これを作って枕元におけば大丈夫!」・・・というのはちょっとおススメできませんが、新聞紙さえあれば、簡単に早く作ることができます。

「防災知識」として、ぜひ、ご活用くださいませ(*^_^*)


そのほかにも

災害時、水が自由にならない場合も考えられます。
新聞紙で皿やコップを作って、それにラップやビニールをかぶせて使えば、食器洗いの水の節約、食中毒の予防にもなります。

ざぶとんや、防寒具にもなりますし、簡易トイレの中身にも使えます。

みなさまの防災リュックに、ぜひ、新聞紙朝刊1日分を入れてくださいね。

 

 

いかがでしたか?実はこの防災スリッパの作り方のブログは、他より閲覧数が多かった記事なんです。

 

みなさんの、防災に関しての関心が高さがうかがえますね。

 

私も新聞紙は防災リュックに入れてありますよ〜!みなさまもぜひ!!

 

 

最後まで読んでいただいてありがとうございました。

 

 

また、遊びに来てくださいね(*^▽^*)

 

 

スタッフ★たかき

 

 

 

高須新聞店ホームぺ―ジ

 

高校総体の総合開会式と初秋の訪れ??

  • 2018.08.01 Wednesday
  • 17:08

こんにちは(*^▽^*)

 

高須新聞店スタッフのたかきです。

 

当店の区域内には伊勢神宮の内宮があります。

 

先週くらいからでしょうか。日に日に内宮近くの警備が厳しくなったので「??」だったのですが、昨日、その答えが分かりました。

本日の中日新聞朝刊です(*^▽^*)

 

 

三重県を中心に東海地方などで開かれる全国高校総体(インターハイ)の総合開会式が1日、同県伊勢市の県営サンアリーナで開かれた。皇太子さまも出席され、西日本豪雨の被災者にお見舞いの言葉を述べた。

 

暑さ厳しいですが、高校生のみなさん、頑張ってくださいね(*^▽^*)

 

 

 

さてさて。

お次は、少し暑さが和らぐような話題です。

 

*以下、虫の写真があります。苦手な方はスルーしてください。

 

楠部町のМさんちの「鈴虫」です(*^▽^*)

 

Мさんは、毎年、鈴虫を卵から育てているそうです。去年の鈴虫たちが生んだ卵はなんと約3000個!

 

倉庫にはまだまだたくさんの鈴虫さんがいて、毎日お世話しているそうです。

 

「8月の終わりには、きれいに鳴いてくれるかな〜」との事でした。

 

実は、鈴虫がまだ赤ちゃんのころ、当店にもおすそ分けをいただいたんです。

大きくなってきましたよ〜(*^▽^*)

 

・・・でも、Мさんの鈴虫さんよりちょっと小さい・・・ような気がします。

 

やっぱり、育て方が違うんでしょうか(;^ω^)…もっと愛情をこめてお世話します・・・。

 

Мさん、ありがとうございましたまた、いろんなお話聞かせてくださいね(^o^)/

 

 

 

最後まで読んでいただいてありがとうございました。

 

また、遊びに来てくださいね(*^▽^*)

 

 

 

スタッフ★たかき

 

 

高須新聞店ホームページ

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM