休刊日明けの朝刊は・・・?

  • 2018.07.10 Tuesday
  • 15:01

こんにちは

 

高須新聞店スタッフのたかきです。

 

この度の西日本豪雨により被災された皆様ならびにそのご家族の皆様に心よりお見舞い申し上げます。

皆様の安全と被災地の一日も早い復興を心よりお祈り申し上げます。

 

ニュースを見るたび、被害者の人数が増えていて・・・とてもつらい気持ちです。

 

まだ救助や捜索が続いています。無事を祈ります・・・。

 

私たちにできること・・・。小さな力も集まれば大きな力になります。
ネットで簡単にできるものもありますので、ぜひ・・・。

 

 

今日の中日春秋は、静かに読みました。

 

去年、当店も浸水被害を受け、水の恐ろしさをまざまざと見せられました。

去年10月の店内の様子。あっという間に水がここまできました。

 

大雨特別警戒は解除されましたが、引き続き土砂災害や河川氾濫への警戒が必要です。安易に近づかないようにしましょう。

(SNSへのUPの為に写真を撮りに行く人がいるようですが、命に関わることです!!やめましょう。)

 

さて。

 

新聞には、いろんな話題が載っています♪

 

こちらは、伊勢市滞在の外国人の方々への日本語学校です。

「いせ日本語教室」は日本語習得を手伝って20数年になるのだとか!

皆さんは知っていましたか??

 

そして。

私が注目したのは、こちらの記事です。「同性パートナーが遺族年金求め提訴」

皆さんは「LGBT」という言葉を知っていますか?

 

LGBTとは、

・Lesbian (レズビアン=女性同性愛者)

・Gay (ゲイ=男性同性愛者)

・Bisexual (バイセクシャル = 両性愛者)

・Transgender (トランスジェンダー = 身体上の性別に違和感を持った人)

といった、性的少数派の中で代表的な4つの頭文字を取った総称です。

 

そして最近では、「LGBT」と言われるようになってきました。

…クエスチョニングとは、自身の性自認や性的指向が定まっていない人のことを指します。

「性同一性障がい」という言葉もよく聞かれるようになってきました。

 

私は、性同一性障がいで戸籍が女から男になった人の講演を聞いたことがあります。

性同一性障がいは誤解されやすいようです。が、ただ単に「男になりたい」とか「女になりたい」とかいう安易な気持ちではなく。

…「心は生まれた時から男なのに体は女」という事実を誰にも理解されず、もがき、苦しみ…辛い時期をたくさん乗り越え、やっと今「男」として生きてとても幸せでいる、というそんな真剣なお話しでした。

 

いろんな考え方、いろんな生き方、そしていろんな性があります。

 

男女だけでなく…さまざまなパートナーが認められる社会に早くなって欲しいな、、、と思います。

 

 

最後まで読んでいただいてありがとうございました。

 

また、遊びに来てくださいね(*^▽^*)

 

 

 

スタッフ★たかき

 

 

 

高須新聞店ホームページ

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM