いせまめ通信番外編〜鯛の左洲さん〜

  • 2019.01.27 Sunday
  • 08:35

こんにちは(*^▽^*)

 

高須新聞店スタッフのたかきです。

 

本日は「いせまめ通信79号」発行日です。

今回は「鯛の左洲さん」こと「中村左洲」についてかかせていただきました。

 

(1月なんで…ま、おめで鯛(^^♪ってことです。ハイ)<゜)))彡

 

中村左洲さんは、この地方では大変人気のある日本画家で、あの磯部百鱗の門下でした。

磯部百鱗の門下といえば・・・そうです、あの伊藤小坡もそうですね。

(伊藤小坡に関してはいせまめ通信第64号をご覧ください)

 

↓こちら、二見町今一色にある高城神社中村左洲翁筆塚です。

左洲は、今一色の漁師の家に生まれました。

この筆塚は左洲没後、門弟及び世話人らが彼の偉業を称え、顕彰するために建てたものだそうです。

 

 

そして、現在古市参宮街道資料館では「神都画家 中村左洲展」が開催されています。

いせまめ通信と合わせてぜひ〜♬

 

 

 

…というわけで行って参りました〜(*^▽^*)

 

こちら、写真撮影はOKだそうです。

 

中村左洲「鯛の左洲」と呼ばれていました。

鯛の絵がたくさん展示されています。

しかし、鯛だけではないんですよ(*^▽^*)

どうして「鯛の左洲」と呼ばれたのか??

ぜひ、いせまめ通信79号をご覧ください(*´ω`*)

中村左洲さんの絵画はもちろんですが、伊勢や古市の歴史にも触れることができます。

 

以前は伊勢市立郷土資料館があり、伊勢の歴史について様々な展示があったのですが、残念ながら閉館。、、現在は資料の一部が小俣総合支所1階に展示してあります。

 

せっかく、歴史ある「伊勢」という土地に住んでいるのですから、私たち伊勢人は、もっと伊勢について知らなければ・・・と思います。

 

古市…といえば、江戸時代は江戸の吉原・京都の島原とならぶ三大遊郭のひとつ。

それゆえに歴史も深く、残っている品々も特徴がありとても興味深いですね。

 

また、いせまめ通信でもじっくりと取り上げたいと思っています( *´艸`)

伊勢古市参宮街道資料館

 

 

最後まで読んでいただいてありがとうございました。

 

また、遊びに来てくださいね(*^▽^*)

 

 

 

スタッフ★たかき

 

 

高須新聞店ホームページ

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM